生育状況

当園のトウモロコシの生育状況を日を追って掲載して行きます。


2020/05/29

2020年トウモロコシの生育状況 4回目 雄穂出穂

 さて今季、甘々娘の発芽不良から始まった生育状況ですが、何とか1〜2号園において平均75%程度の発芽率を経て生育そのものはそこそこに推移しております。


 画像はその甘々娘から。やはり天候も加えて生育はやや遅れていると思います。これは他品種も同様です。


 従いましてヤングコーンも昨年より若干、発送スタートは遅れると思います。そうそう今季1番生育順調なドルチェ・ドリームのヤングコーンは特に食感がいいという噂があります。ただ難点は外皮の量がけた違いに多いという点ですが。(汗



画像はクリックで拡大、左側ポチで次へ進みます

現在のトウモロコシ

 ご注文に関しては新型コロナによる自粛、巣籠消費というのですか、例年より10%程度多い気がします。作付けは例年通りですので、それはそれで更に緊張感がある状態なわけで。


2020/05/16

2020年トウモロコシの生育状況 3回目

 生育状況3回目、画像は昨日15日のもの。


 生育が遅れていますね。4月の低温もありましたが、ここ来て今度は渇きです。しかし本日は雨で大した降りではありませんが、今後は定期的に降りそうです。
 

 画像は甘々娘からで、発芽が悪かった状態もわかります。そのあとピクニックコーン、味来、ドルチェになります。



画像はクリックで拡大、左側ポチで次へ進みます

現在のトウモロコシ

 今季は収穫開始がどの品種からかまだ分かりません。

 今後の天候にもよりますが、収穫開始例年より2〜3日遅れそうです

 地球規模の活動自粛で気温が低いとかあるんですかね。


2020/04/30

2020年トウモロコシの生育状況 間引き

 生育状況2回目は間引きの様子、画像は昨日のものです。


 間引きというのは、播種の時発芽率を高めるために2〜3粒播いて発芽したらそれを1本にする作業です。

 今季はドルチェ・ドリームが成績よくそれから間引き始めました。生育が早くても成熟日数は違いますので1番最初に収穫できるというわけではありません。


画像はクリックで拡大、左側ポチで次へ進みます

現在のトウモロコシ

 3枚目がピクニックコーンで最後がプレミアム味来です。

 甘々娘はまだ不揃いで今回できませんでした。


 

 甘々娘は発芽も悪かったですが、生育も弱く現時点ではまだ、最終的な収穫量の予測はできません。尚、発芽率の悪さや生育の遅れが食味に影響することはありません。


2020/04/17

2020年トウモロコシの生育状況1回目

 さて今季もご予約開始に合わせてとうもろこしの生育状況開始です。


 先ず画像は「ピクニックコーン」15日のものです。発芽はまぁまぁ、1号園に限っては95%くらい(2枚目の画像)。

 問題はその次「甘々娘」ピクニックコーンと同日に播種したものですが50%くらいかもって発芽不良です。やむを得ないってことで播き直し(欠株に)って画像。

 次はやはり同日播種で成熟までの日数が甘々娘等より長い「ドルチェ・ドリーム」発芽は100%近くです。

 最後が「プレミアム味来」こちらは昨年試作を経て今季から本格的栽培。「発芽率はそこそこ、従来の味来より発芽率は向上している模様。


画像はクリックで拡大、左側ポチで次へ進みます

現在のトウモロコシ

 今季1回目〜3日までの播種で、播種床のコンデションがに良くなかった事は確かですが、殆ど同じ環境のドルチェ・ドリームとピクニックコーンと比較してこの甘々娘の発芽率は異常です。


 他の甘々娘産地の様子も聞いたところやはり今季の発芽は良くないらしいです。つまり種が不作ということです。前年の原産地の天候なりが影響したのか、実は品種よってこういう事はよくあります。そもそも今回それほど悪くないピクニックコーンですが、どうやら種を確保できなのは限られているようで、国内への入荷も当園での作型でギリギリでした。つまり昨年同様、ピクニックコーン遅場産地に少量出回っただけでは思われます。という具合で、昨年のゴールドラッシュが不作だったように、今年は甘々娘がダメでしたということです。

 

 結局、甘々娘は補播種しましたがその後の降雨もあり現時点での前半の絶対数はわかりません。幸い後の4〜5番手の圃場はベットコンデションが良いこともありもうちょっとましです。


 それから今季から「プレミアム味来」も始めます。昨年、受注、発送作業の簡素化のため品種を絞り込んだのですが、スタンダード味来の後継ということで、またメーカーの担当M氏に騙されて、導入しちゃいました。M氏によると食味も生産性も格段に良くなっているということで、昨年まだ名前が決まっていない段階で試作し、今回堂々デビューです。過去一世を風靡した「味来」ですから知名度もあるしということで。 


 というわけで、以上、誰もここまで読まないとは思いますが、今季も収穫までの生育状況を頑張ってUpしてきます。



 昨年までの生育状況もご参考にどうぞ。