生育状況

当園のトウモロコシの生育状況を日を追って掲載して行きます。


2019/04/15

2019年トウモロコシの生育状況1回目

 さて今季もご予約開始に合わせてとうもろこしの生育状況開始です。


 今季は播種から桜の長咲き、花隠しのように気温が低めに推移したため発芽に手間取りました。しかし、今のところ発芽率は順調です。今のところというのはまだ発芽を見ていない園もあるからです。7回ほどに段播きにしてありますので、4月に入ってから播き付けた園はこれからです。


画像はクリックで拡大、左側ポチで次へ進みます

現在のトウモロコシ

  昨年も種の入手が難しかったピクニックコーンはとうとう今季産はありませんでした。


 ではなぜ?作付けてあるのか?昨年中に来年は無いかもの情報を早めに得たので昨年いったん市場に出回ったものを急遽、確保したのです。僅かでしたが。


  一年前の種が使えるのか?通常はメーカーにあったとしても翌年販売はしないでしょう。発芽率が落ちていいたら大変ですから。

 

  保存の仕方にもよりますが発芽はします。発芽さえすればトウモロコシの品質には関係はありません。発芽するかどうかが問題なのです。すべて自己責任ですが。

 

 幸い昨年のピクニックコーンの種は素晴らしく発芽率が良かった。で、その特性はもちろん今季も有効でピクニックコンは今のところ2号園までは95〜98%の発芽率です。むしろ甘々娘より良いかもしれません。(園の環境にもよりますが) しかし、いかんせん種の入手に限界がありましたので作付けは昨年より少ないです。来年のピクニックコーンの種の供給はまだ見通しは立っていません。


 そうそう、それから今季から品種を絞り込みました。あれも食べてみたい、これも食べてみたいという要望、需要に応えるべく、多品種を作付けておりましたが、同時発送の是非や発送間隔の忖度など、また収穫、箱詰め、発送作業が半端なく大変と改善を求められ続けていました。(年老いた事務長に)


 そういうわけですのでどうか、品種絞り込みの件につきましてはご理解ください。



昨年までの生育状況もご参考にどうぞ。